主な症状

猫がアレルギーになった場合には、どのような症状が出るのかを飼い主が把握しておくことも重要です。そうすることで、もしかしたらアレルギーの症状が出ているのではないかとわかるようになり、動物病院へ素早く行けるようになります。その結果、早期治療で病状が改善されることもあるでしょう。そこで猫がアレルギーになった場合、どのような症状が出るのかを解説させていただきます。

一般的な症状としては、からだを引っかくことや舐めることが多くなるのですが、このような行動というのは、普段から猫が頻繁に行っていることです。そのため、なかなかアレルギーだと気が付かないこともあるので、注意深く観察をしておきましょう。特に毛が普段よりも多く抜けているときには要注意です。他にも下痢や嘔吐、外耳炎やお腹の貼りなどの症状が出やすいと言われています。

なかなかアレルギーなのか、そうでないのかを判断するのは難しいので、普段から定期健診を行うことや、いつもと行動が違っていないかなどを飼い主が見極めることが重要です。もちろん予防をすることも大切なので、キャットフード選びは慎重に行いましょう。最近は安いキャットフードが多いのですが、値段よりも含まれている成分や、使用している原材料に注目をして選ぶことが大切です。

アレルギーの原因

最近は猫のアレルギーも増えていると言えるでしょう。なぜ増えてしまうのかというと、まずは人間が猫をかわいがり過ぎて過保護にしていることや、栄養バランスの乱れなどが挙げられます。また、添加物を使用しているキャットフードを長年与えていることで、免疫力が低下した、体内に添加物が溜まり過ぎてしまうなども考えられるでしょう。

さらに最近の猫は、オス猫であれば去勢手術をすることが多いですし、メス猫であれば避妊手術をすることが多くなっています。このような手術を行うことが増えたことで、ホルモンバランスが乱れてしまうというのが大きな原因だと言えるでしょう。他にも猫は穀物類を消化するのが難しい生き物だと言われています。なぜなら穀物というのは植物性の食べ物です。

それに対して猫は真性肉食生物なので、消化が難しく猫の身体に大きな負担となります。十分に栄養分を吸収できずに体内へ溜まってしまう場合や、過剰摂取で体内のバランスが乱れてしまうことも、アレルギーになる猫が増えている原因とも言えます。最近の低価格なキャットフードは穀物を多用に含む傾向にあります。キャットフードブランドの「モグニャン」のような、穀物を一切使用していないキャットフードも販売されていますので、猫の健康を気にしている方は参考にしてみても良いかもしれません。

キャットフードの説明写真
引用元 {キャットフード通販サイト|モグニャン

猫のアレルギー

猫のアレルギーと聞くと、猫の毛を吸い込むことで、人間が鼻水やくしゃみ、咳などの症状が出てしまうことをイメージする人も多いでしょう。しかし、猫自身もアレルギーになることがあるのです。やはり犬と同様に、猫に与えている餌の影響が多いと言われています。簡単に言えば食物アレルギーなのですが、なぜ人間以外の動物にも食物アレルギーが出てしまうのかというと、最近は添加物を含むキャットフードが増えている影響だと言えるでしょう。

また、猫も人間が過保護にすることで、アレルギーに対する耐性が弱くなっている可能性もあります。では、どのようにして猫のアレルギーを防ぐのかというと、明らかにアレルギーの症状が出ていると分かったら、即座に動物病院へ行って原因を特定してもらうことです。そうするとどのような食材でアレルギー反応が出ているのかが分かるため、今後はアレルゲンとなってしまう成分や食品を含むキャットフードを与えないようにすることで、防ぐことができるでしょう。

そのためにはどのようなキャットフードが売られているのか、どのような物が自分が飼育している猫にはふさわしいのかを知っておく必要があります。もちろんアレルゲンとなる食品や成分が使用されていないからと言って、添加物を使用しているキャットフードを与えるのはよくありません。できる限り無添加のキャットフードを与えるようにしましょう。当サイトでは猫のアレルギーについていろいろと紹介をしているので、猫を飼っている人は参考にしてみてください。